妊婦・子育て中ママ向け記事

[専門家が解説] コーヒー好き必見!妊娠中・授乳中に飲んで良いのは?

はじめまして

はじめまして、なおこと言います。
かつて、私は子宮内膜症になり、症状とひどい不安に悩み続けました。それをきっかけに克服後、看護師のキャリアに加え、女性ホルモンに関する専門性を深めました。
現在は、女性ホルモンにまつわる悩み解決や妊娠前の体調管理に寄り添うカウンセリング、セルフケア講座を行っています。

今回は、これから出産を控えてらっしゃる妊婦さんが、幸せなお産を迎えるまでの日常から気をつけたいこととして

「妊娠中にコーヒーを飲みたい時、デカフェ?ノンカフェイン?について」

をテーマにお伝えしていきます。

妊娠中は、デカフェ?ノンカフェイン?その違いって何?!

今やカフェブームと共にコーヒーが手放せない!なんて方は多いのではないでしょうか。
コーヒーといえばカフェインですね。コーヒー以外にも、紅茶や緑茶など、カフェインが含有されている飲み物はたくさんありますよね。

妊娠を考えると、どこかで断たなければ、、、

なんて妊娠前から重荷に感じている人も少なくないはずです。。。
ただ、今は様々な飲料が流通していますから、その代わりとなってくれる選択肢も見えてきそうですね。

コーヒーで言うと、デカフェ・ノンカフェインといった選択肢がすでに広がっています。
そもそもカフェインにはどのような作用があるのか、どんな時にノンカフェインやデカフェを選べば良いのか。それぞれの違いを知り、妊娠前や妊娠中に使い分けるポイントをお伝えします。

  • カフェインは一概に悪くない?
  • デカフェって本当に大丈夫?ノンカフェインとの違いは?
  • カフェインを避けたい時期、妊娠中の付き合い方

<カフェインは一概に悪くない?>

お茶やコーヒーに含まれるカフェインですが、良い作用もたくさんあります。

中枢神経に作用し、眠気を覚ますことで知られています。

細かく示すと、睡眠潜時の延長(次の眠りに着くまでの時間)、睡眠時間の短縮、深睡眠の減少といった作用があげられます。
さらに、コーヒーに含まれるカフェインは、パラキサンチン・テオブロミン・テオフィリンという物質に代謝され、パラキサンチンは脂肪代謝促進、テオブロミンは尿量増加、テオフィリンは気管支拡張の作用があります。

一概にカフェインといってもその後の代謝産物を見るとさらに見方が変わりますよね。

さらに、注目したい成分がもう一つあります。
それはポリフェノールです。お茶で言うとカテキンといわれることもあります。
お茶やコーヒーにはこのポリフェノールが多く含まれています。

特にコーヒーは、カフェイン以上にこのポリフェノールの量の方が多いと言われています。
ポリフェノールといえば、抗酸化物質としてよく知られており、体内の活性酸素の発生や働きを抑制する効果が期待できます。

効果を羅列すると、いいことづくしのようですが、何事も取り過ぎには注意です。

次にあげる点も気をつけておきたい作用です。

カフェインは、多く取りすぎると、中毒化しやすいのも特徴なのです。
大量の摂取により、神経過敏、イライラ感、不安感の上昇(離脱症状)を招くとされており、再度摂取することでこれらの症状がおさまるため、中毒化すると言われています。

このサインが出ている方は要注意ですね。

その対策として、
カフェイン量を減量していくことが効果的なようです。

コーヒーの味や習慣がやめられない原因と言う方は、デカフェをうまく取り入れていきましょう。

<デカフェって本当に大丈夫?ノンカフェインとの違いは?>

デカフェはコーヒーの製造過程でカフェインを取り除いたもの、とされており、100%除いたものではないとされています。カフェインレスについても同様に、含有量を少なくしたものとされています。

ただし、デカフェ・カフェインレスの工程には、化学薬品を使用して取り除く製法とそれらを使用しない有機製法があるため、一概にデカフェ・カフェインレスというものに飛びつくのではなく、それらを知った上でセレクトするようにしましょう。

また、抽出方法によってもカフェインの含有量は変わってきますので、その辺りも工夫すると良いでしょう。

これらに対して、ノンカフェインとは、最初からカフェインが含まれていないもの、を指す場合が多く、麦茶やルイボスティーなどがその代表的な飲料です。

コーヒーに関しては残念ながらこれに当てはまらないと考えられますが、「たんぽぽ茶」は別名ハーブコーヒーとも言われ、ノンカフェインコーヒーの代用として知られています。

<カフェインを避けたい時期、妊娠中の付き合い方>

カフェイン・デカフェ・カフェインレス・ノンカフェインをそれぞれ理解したところで、やはり女性にとって気になるのは、妊娠前や妊娠中に飲んでいいのか、という点だと思います。

ここで、実は盲点となりやすいポイントをお伝えしておこうと思います。

それは、お茶であってもコーヒーであっても、さらにはノンカフェインの飲料であっても、女性にとって気をつけたいのは「利尿作用」です。

特に授乳中や月経中の女性にとって、脱水は避けたい状態の一つです。
利尿作用で、利尿が進むと、脱水の原因になるのです。

お茶を飲む=水分が摂取できている、と思わず、「純粋なお水」を摂取することを心がけたいですね。
脱水症状が見られる場合は、さらにお水から経口補水液などの摂取へ切り替えましょう。

話は戻りますが、妊娠前のカフェイン摂取で気をつけておきたいことは、「流産率」です。

例えば、1日にコーヒー5,6杯を飲む人は、流産率が2倍になると言われています。
飲んではいけない、ということをお伝えしたいわけではなく、1,2杯にとどめることを目安にするといいでしょう。
デカフェを選択することも一つですね。

また、妊娠中の女性では、非妊娠中より高い血中カフェイン濃度が維持され、
(カフェインの半減期が 6~16 時間に延長するため)
効果が強く現れる可能性があることも知っておきましょう。
(妊婦の安全な1日量:カフェイン300mg以内、カップコーヒー約2杯分、WHO推奨)

また、カフェインは胎盤関門を通過するため、胎児にも作用します。
授乳中には、乳腺関門を通過するので、母体がカフェインを摂取すると乳汁中にも移行します。
乳児に対する健康リスクは指摘されていないものの、世界各国の指標として、授乳中は1日に200mg未満(カップコーヒー約1.7杯分)を推奨とされています。

以上のことから、時期によって気をつけるべき量はありますが、
我慢して過度なストレスにつながることは避けたいですね。

飲んでしまった・・・と自己嫌悪になることなく、
デカフェやカフェインレスをうまく取り入れながら、適正量でストレスフリーに過ごしましょう。

妊娠、産休に入ってから、ママも”わたし時間”を目一杯楽しむのが新常識!

初めての妊娠、出産。わからないことだらけ。
何かと不安になりがちだったり。

ですが、お腹の中の赤ちゃんは、ママが幸せになってほしいと心から願っていると私たちは思っています。

また、医学的にも、ママが心配や不安などのストレスを抱えてしまっていると、ストレスホルモンの影響でお腹の赤ちゃんにも良くない影響があるという研究結果もあります。

そして、産休に入ってからは、一時的にママご自身の”わたし時間”を自由に取れると〜っても貴重な時期だと思いませんか?
お腹の赤ちゃんにも、人生は楽しく幸せに過ごしていけるんだよ!というのを、大きく期待して生まれるのがより一層楽しみになるように、ママ自身が”わたし時間”を楽しみんでいきませんか?
ママの幸せは、お腹の赤ちゃんの幸せであり、ママと赤ちゃんの幸せがパパの幸せでもあります!!
家族の幸せのスタート地点は、ママの幸せから!ですから!!

産休中や産後親子で楽しめるおすすめイベント

RELATED POST