妊婦・子育て中ママ向け記事

食育アドバイザーが進める、妊娠中の暮らしを楽しむための最適な食材

はじめまして

3人の子育てをしながら、頑張るママを応援!
食育アドバイザー まえだともこです。

かつて、私は花粉症に悩み、さらに娘がアレルギー持ちで母として罪悪感と後悔に打ちひしがれていました。
そんな中、食の素晴らしさを知る機会があり、そこから私も娘も持病のアレルギーを克服することに成功!
この喜びを悩める方々に味わっていただきたいと思い、食育アドバイザーとして日々活動をしております。

そんな私から、妊婦さん向けに、

「妊娠中の暮らしを楽しむための最適な食材」

をご紹介します。

現代の悲しい状況・・・

現代の食事は残念ながら普通に食べて病気になる時代になってしまいました。
食品添加物、遺伝組み換え食品、ゲノム食品、F1種の野菜、農薬散布された野菜などなど挙げたらキリがないほどたくさんあります。
それらを使ってつくられた加工食品はどうでしょう。化学的に合成されたサプリメントも薬も自然の世界には存在しないものです。

食の安心安全が謳われる中、
一体何を食べたらいいのだろう。
食は選ぶ時代にきています。

明るい未来の子どもへのプレゼントは
お母さんが食を知り、楽しむということです♪

はじめての妊娠で食の好みが変わる方、つわりがひどくて食べれない方、逆に食べづわりでとにかく何かしらの口に含んでおかねばならない方、さまざまな変化に戸惑いますよね。

  • 便秘になった
  • お肌トラブルがおきる
  • 髪が抜ける
  • 爪が割れる
  • むくむ
  • こむら返りがおきる

以上、1つでも当てはまる方がいたら是非、読み進めてくださいね。

妊娠中の暮らしを楽しむための最適な食材とは?

前回、妊婦さんの食事編では月齢に合ったおススメ食材やポイントをお伝えしました。

今回はたった一つの食材です!!
これさえあれば大丈夫!!
日本人の体に最高に合う、細胞から元気にしてくれるスーパーフード!!

その名も、味噌!!

なんだー味噌か。
と、思ったそこのあなた!!

是非、本物の味噌のポイントを受け取ってくださいね。

味噌って奥が深い

味噌は全国におよそ20種類あります。

北海道みそ
仙台みそ
津軽みそ
秋田みそ
越後みそ
佐渡みそ
江戸甘みそ
信州みそ
越中みそ
加賀みそ
東海豆みそ
関西白みそ
府中白みそ
瀬戸内麦みそ
東海豆みそ
関西白みそ
御膳みそ
讃岐白味噌
九州麦みそ

全国の気候・風土・原料の配合や製法により、さまざまな味噌がつくられています。

味噌の原料の違いによる種類
  • 米みそ:大豆に米麹を加えて作ったもの。全国的に多く生産されている。
  • 豆みそ:豆麹を使用したもの。中部地方で生産されている。
  • 麦みそ:大豆に麦麹を加えて作ったもの。九州や四国の一部地域などで生産されている。
  • 白味噌:主に豆麹を使用したもの。主に近畿地方で生産されている。

大豆と麹の割合や作る工程によって、甘口・辛口のような味の違いや、白色・淡色・赤色など色の違いが見られます。

ここで大事なのが、

本物の味噌はシンプル

お家にある味噌の原材料を見てみてください。
酒精が入ってるものや、出汁入り味噌を使ってないですか?
それらは、麹の発酵を止めるいわゆる食品添加物たっぷりなのでお気をつけくださいね。

是非、この機会に好きな味噌を探して試してみてくださいね♪

どうして味噌を推奨するの?

発酵を担う、麹菌がなんとも素晴らしい活躍をしてくれるからなのです!

麹菌ってなに?

麹をつくるための糸状菌の総称。カビの一種で、日本をはじめ湿度の高い東アジアや東南アジアにしか生息していません。なかでも日本の麹菌は「コウジカビ」と言って、中国や台湾、朝鮮半島などに生息する「クモノスカビ」とは異なり、日本の「国菌」にも認定されています。
麹菌はたんぱく質をアミノ酸に分解する「プロテアーゼ」や、でんぷんを糖に分解する「アミラーゼ」、脂質を分解する「リパーゼ」をはじめ、たくさんの酵素を生成します。そして、その酵素のはたらきによって、素材をやわらかくしたり、発酵食品の旨みや甘味を引き出したりしているのです。

この働きによって、消化吸収を促進し善玉菌のおかげで腸内環境がよくなります。

豊富なビタミン、ミネラルをつくり疲労回復や美容にもいいので妊娠、産後1日1杯飲んでホッと一息ついてくださいね♪

お客様からの声
・つわりがひどくて何も食べれなかった時、味噌をお湯でといて飲んでいました。本物の味噌はお湯でといただけでおいしいのにビックリしました。
・産後の抜け毛がひどかったとき、助けられました。なんと、白髪にも効果がでている気がします!
・むくみがひどくて塩分を気にしていましたが本物の味噌の塩分は実は控えめだと知り、確かにその後むくみが気にならなくなりました。
・妊娠前から便秘で薬に頼ってましたが薬が飲めなくなり辛かったですが、本物の味噌の存在を知り実践してみたところ飲み始めて3日目から徐々に出るようになり1週間程で10代以来の毎日お便りがきてくれるようになって本当に感動しました。

自然の麹菌で発酵した味噌には生命力がたっぷりなのでしょうね。コロナ対策として免疫力アップにもオススメです!

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事を担当した方

まえだともこ
小6(長女)、年長(長男)、年少(次女)の3人を育てるお母さん。
全国からの依頼で延べ300人以上の妊婦さん&ママのサポートをしてきた3児のママ、病気は薬でしか治せないことしか知らなかった暗黒期を乗り切り、様々な食に関する資格を20個以上取得。自身の花粉症改善や経験や子どものアレルギーを食で改善した経験から、様々なお悩みに合わせた講座、受験生の食育アドバイスからダイエット講座、お料理教室などリクエストに合わせ定期的に開催中。
趣味:食の研究
特技:食べること
苦手:料理

子育て期、ママも”わたし時間”を目一杯楽しむのが新常識!

初めての妊娠、出産。わからないことだらけ。
何かと不安になりがちだったり。

ですが、お子さんはママが幸せになってほしいと心から願っていると私たちは思っています。

また、近年は医学的にも、ママの様子がお子様ご自身の愛着形成にも影響があると報告もあります。

ママの幸せは、赤ちゃんの幸せであり、ママと赤ちゃんの幸せがパパの幸せでもあります!!
家族の幸せのスタート地点は、ママの幸せから!ですから!!

0歳の赤ちゃんと一緒に楽しめるおすすめイベント

RELATED POST