妊婦・子育て中ママ向け記事

産休中を楽しむためにすべきこと・した方が良いこと

はじめまして

こんにちは!ライフコーチ 今川綾恵です。

「もうすぐご出産」というタイミングで入る産前休暇。
今日は、「産前休暇のおススメの過ごし方」について書きます。
妊娠からの期間は、人生でそんなに何度も体験でいない貴重な機会!
せっかくですから多くの妊婦さんに充実した楽しい日々を過ごしていただきたい!
ぜひ最後までお読みいただき、参考にしてくださいね😊

この記事はこんな方におススメ!
★もうすぐ産休に入るタイミング
★産休中に何をしたらよいか悩んでいる
★産休中にすべき行動を知りたい
★育休を子育て以外も色々としたいと思っている

産休に入る今、どんな気分ですか?
もうすぐ赤ちゃん会える楽しみな気持ち?初めての生活に対する不安?
仕事を中断しなければならない寂しさ、もしくはキャリアが中断する焦りかな?
もしかして、休暇に入れるという喜びかもしれませんね。

そんな気分の中、赤ちゃんが生まれる前にしたいこと・すべきことはたくさんあると思います。
私が思いつくだけでも、以下のようなことがあります。

すべきこと
  • 入院の準備
  • 赤ちゃん用品の準備
  • 出産後の家事・育児の想定
楽しむためにした方が良いこと
  • 会いたい人に会いに行く
  • 出かけたいところに出かける
  • 育休中にしたい事を考える

一つずつ説明していきますね。

すべきこと

まずは「すべきこと」から。

  • 入院の準備について
  • これは、大至急してください!いつ生まれるかは本当に分からない!私は第2子が37週に入った時に破水から急遽出産となりました。生まれるまでまだ3週間あると思っていたのに…(^^;いつ生まれても良いように入院準備はお早めに。

  • 赤ちゃん用品の準備
  • これも準備中でしょうか?私は3人育てていますが、必要な物って、赤ちゃんの状況(家の状態や家族構成)によって違ってきます。(第一子では必要と思わなかったけど、第二子では必須アイテムになった物もありました。)ですので、必要最低限の物を生まれる前に準備し、残りは必要になったらネット通販で買うというのも良いと思います。ただ、実物を見て買いたい場合は、動けるうちに買い物に行かれるのがよいでしょう。

  • 出産後の家事の想定
  • 出産は大仕事です。全治一か月の怪我と同等、産後一か月は水仕事はしてはいけない、などと言われています。ですので、産後はゆっくり過ごせるように家事・育児の方法を考えておいてくださいね。旦那さんがメインになるのか、里帰りするのか、ご両親が助けてくれるのか、ヘルパーさんにお願いするのかetc。頼れる手段は多い方が良いですよ

楽しむためにした方が良いこと

ここからは「楽しむためにした方が良いこと」について書きます。

  • 会いたい人に会いに行く&出かけたいところに出かける
  • 体調次第ですが、赤ちゃんがお腹の中にいる今の内に、出かけられる人は出かけてしまいましょう。赤ちゃんが生まれると一緒の遠出はなかなか難しくなります。荷物も増えるし、赤ちゃんの授乳タイミングなどもあります。もし動いて問題ない状態なら、今のうちに会いたい人や出かけたいところに行くのがよいですよ。

  • 育休中にしたい事を考える
  • 今回、一番お勧めしたい産前休暇の過ごし方がこちら!
    「育休中にしたいことを考える」です。

    赤ちゃんを産んだらお世話で、寝不足、時間不足、そして思考不足に陥ります。
    ですので、頭がフレッシュな今のうちに「育休中にしたいこと」を考えることをおススメします!!

    育休中にしたいこと、と言われても何だろう?子育て以外にあるの?という疑問があると思いますので、ここでは「育休中にしたいこと」の見つけ方も書いてみますね。

    まずは、「子どもと一緒にしたいこと」と「自分のためにしたいこと」に分けて考えるのがいいです。
    「子どもと一緒にしたいこと」は例えば、ベビーマッサージ、ベビーサイン、折々に記念の写真を撮る、などがあると思います。ネットや地域の育児サークルなどを覗いてみると、アイディアや機会がみつかりますよ。

    「自分のためにしたいこと」。これは、本当に人それぞれなのでネットで検索して「人気のあること」「みんながやっていること」を真似してみることはおススメできません。
    とは言っても、明確な目標がもともとある人以外、育休中にしたい自分のことが急に分かる人は少ないと思います。

    では、ここで一つ質問です。「育休が終わったときにどんな自分になっていれば最高ですか?どんな育休を過ごしたら満足ですか?」
    子どもとのことはもちろん出てくるでしょう。こんな風に子育てしたい、こんなところに行ってみたい。それももちろんOK。そして、ご自分のことも考えてみてください。どんな状態になっていれば復職した時に、育休満足した~!と言えますか?

    例えば…
    〇復職に対して不安がない状態
    〇キャリアップに繋がる学びをしたと思える状態
    〇体形や格好が綺麗な状態
    〇新しいチャレンジを育休中にした状態
    〇新しい出会いをたくさん楽しめた状態

    いろいろな状態があると思いますが、育休が終わったときにどうなっていれば最高でしょうか?
    人によってさまざまな答えがありますが、それを思い描くことで(出来るだけ具体的にね)、育休中に自分のためにしたいことが見えてくるのでぜひ思い描いてください。

    それでもまだ分からない…何をしようかな…という方は、やっぱりネットで検索!たくさんの人が育休中の過ごし方を発信しているのでアイディアをもらってみましょう。ただし、重ねてですが、何をするかは人それぞれ。自分次第!人気があることや皆がしているから、という理由で育休終わりの理想の姿を決めるのはNGですよ!

今日は「産前休暇のおススメの過ごし方」について書きました。すべきことも、したいこともたくさんありますが、中でも一番のおススメは「育休中にしたいことを考える」です。

そこそこ長い時間の育休ですが、子育てに忙しいことは間違いないです。計画を立てていなければ、あっという間に過ぎてしまう時間になるので、赤ちゃんの生まれる前の今の内から「育休中にしたいことを考えて」育児も自分のしたいことも100%充実できる育休にしていきましょう!では、ご無事の出産を!

妊娠、産休に入ってから、ママも”わたし時間”を目一杯楽しむのが新常識!

初めての妊娠、出産。わからないことだらけ。
何かと不安になりがちだったり。

ですが、お腹の中の赤ちゃんは、ママが幸せになってほしいと心から願っていると私たちは思っています。

また、医学的にも、ママが心配や不安などのストレスを抱えてしまっていると、ストレスホルモンの影響でお腹の赤ちゃんにも良くない影響があるという研究結果もあります。

そして、産休に入ってからは、一時的にママご自身の”わたし時間”を自由に取れると〜っても貴重な時期だと思いませんか?
お腹の赤ちゃんにも、人生は楽しく幸せに過ごしていけるんだよ!というのを、大きく期待して生まれるのがより一層楽しみになるように、ママ自身が”わたし時間”を楽しみんでいきませんか?
ママの幸せは、お腹の赤ちゃんの幸せであり、ママと赤ちゃんの幸せがパパの幸せでもあります!!
家族の幸せのスタート地点は、ママの幸せから!ですから!!

産休中に楽しめるおすすめイベント

RELATED POST