ママ講師・資格で講座を開く

②動ける時間を把握しよう

Mother Nature’s Son (マザネ)の澤田です。
素敵ママコミュニティを運営し、ママ講師の活動支援をしています。

産後に、資格を取って講師を目指す、ママ講師の活動を少しでもスムーズに立ち上げ、売上が立つようなお手伝いができたらと思い、記事を書いております。

一番助けたいと思っているのが、
「やりたいと思ったら、すぐに動いているが、数字とか、計画性とか、論理的にとかが苦手」
という方です。

子育て・家事をこなしながら講師活動をなさっていると思いますので、
「売上につなげる優先度を意識し、動けることからやる」
という方針で書いております。
記事の内容も、5〜10分くらいで読みながら、そのテーマを解決できるように意識しております。

今回は、
「動ける時間を把握しよう」
についてです。

2、どれだけ時間が使えるか?

次は、活動できる時間の長さです。
これについては、お子さんの年齢や子育て・家事に旦那さんがどれほど手伝ってくれるか?、ご自身の体力や気力など、さまざまな要因で決まると思います。

講師活動に取り組むイメージは、陸上で例えるなら、短距離走ではなく、長距離走の走り方のイメージを持って取り組んでいかれる方が良いです。
より長く走れる活動になっているか?が大事です。

具体的なタイムスケジュールで例を挙げると、

平日のスケジュール

〜9:30 朝の支度(旦那やお子さんが家を出るのを見送るまで)
10:00〜16:00 お子さんのお昼などあるが、比較的時間の都合をつけやすい時間帯
16:00〜21:30 夕飯の支度から夜の寝かしつけまで

このような方の場合は、
10:00〜16:00の6時間の中で、講師活動に充てられる時間を作るイメージです。
子育てしながらを考慮すると、3〜4時間ほどが使えると想定されます。
これを、一日5〜6時間講師活動にあてよう!と考え出すと、
6時間も動けない日が増えて、自信を無くしたり、ストレスでさまざまなことが回らなくなったり。
逆に、夜寝かしつけた後の時間を使って活動時間を作ろうとすると、心身ともに負担が大きくなりすぎて、健康を崩してしまうことも考えられます。

長く走るのが大前提ですから、3〜4時間だけはやろうと決める方が無難です。
もし、もっと活動のペースを早めたくなったり、活動の時間を伸ばしたくなったら、その時は、他の方に協力してもらって活動した方が良いです。
協力してもらうときに、お金が必要になったり、協力者を探して相談したりする必要はありますので、そのことも念頭に置いておきましょう。

まとめ

今回は、
「いくら稼ぎたいか?」
について、書きました。

比較的、現実的なことをベースに書いているつもりです。
平均的なママ講師の方が、子育て・家事を踏まえ講師活動をするなら、

「1日3〜4時間を講師活動に充てながら、まず5万円稼いでみる!」

という設定でよろしいと思います。

人気のママ講師になれるよう、心より応援しております。

素敵ママコミュニティ
〜はじめての講師活動を支援します〜

資格は取得できたけれど、いざやってみると集客ができなかったり、うまくいかなかったり、なんと言っても心細い。 そんな、講師活動を始めたばかりの方から、数年活動した方の講師活動を力強く支えます。 素敵ママコミュニティの詳細を見る ママ講師の皆様、ぜひご自身の夢や希望を叶える道のりを、力強く支えたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。 子育ての悩みから、講師活動のことなど、なんでもお気軽にお問合せくださいませ。 直接、お聞きしたいことがある方は、お気軽にお問い合わせよりご連絡ください。 お問い合わせはこちら

RELATED POST